エンタメ

PS4のおすすめ名作ゲーム、ニートオートマターの感想

友人からニーアオートマタというゲームを勧められました。
結構評価が高くて気になっていたのですが、難しいゲームは苦手なので敬遠してました。
友人から、イージーモードであれば、まず死ぬことはないと聞いたので、中古で買ってやってみました。

アンドロイドと機械生命体の戦い

ニーアオートマタは、独特の世界観を持つ作品です。
人類勢力である「アンドロイド」と、エイリアン勢力の「機械生命体」の争いの話です。
ニーアオートマタの世界では、人類は、宇宙からやってきたエイリアンによって、月に追い込まれています。
そのため、地上は、エイリアンが生み出した機械生命体によって支配されています。
地上を人類の手に取り戻すため、人類はアンドロイドを生み出し、機械生命体と戦わせています。
人類が月に移住して数千年レベルで時間がたったというような、遠い遠い未来のSFです。

主人公はゴシック調の服を着た女性型アンドロイド


主人公の一人は、2Bというアンドロイドです。
女性型のアンドロイドで、戦いにいかにも不向きだろうというような、ゴシック調の服を着ています。
胸もあって、お尻も大きくて、かなりセクシーな感じです。
アンドロイドにも個性があるのですが、アンドロイドに感情を持つことは許されていないと自分を戒めて、冷たい性格を装っているような性格です。
女を前面に打ち出していないので、色気があっても嫌な感じがしません(ここ重要)。

少年アンドロイド


もう一人の主人公は、9Sという少年の形をしたアンドロイドです。
9Sは、2Bと違って、くだけた感じのアンドロイドです。
これがまた可愛いのです。
なんで人類はこんなかわいい少年型アンドロイドを作ったのか。
いろんな意味でよろしくないと思います。
このアンドロイドを作った開発者を説教したいです。

美形キャラ達だらけ

このゲーム、美形キャラがたくさん登場します。
目の保養!!!

アダムとイブ


機械生命体が生み出した人形の機械生命体です。
これがまたイケメンなのです。

司令官


美しい・・・!!
ビジュアル的には一番好きな女性です。
セクシーすぎます。
自分もこんな人になりたかった。

切なくて胸に刺さるストーリー

どこまでネタバレしていいのか、ちょっと悩むんですが、アンドロイドと機械生命体という、命を持たないはずの存在同士の争いです。
存在自体が悲しい者たちのストーリーなので、どうやってもハッピーエンドというわけにはいきません。
物語は、納得いくような形で終結するのですが、みんなで仲良く地球で暮らしましたとさ、というような簡単なお話ではありません。

これから、AIの開発が進んで、いつかAIが人類を追い越すといわれていますが、そうなった場合、AI(アンドロイド)とは、いったいどんな存在になるのか。
AIは人間が生み出した新たな生命体なのか。ただのプログラムに過ぎないのか。
生命体とそうでないものの違いは何なのか。
悲しみを誘う要素満載の物語でした。

プレイ時間は30時間

物語を追いかけるだけ、クエストなんてやらないのであれば、30時間くらいで真のエンディングを迎えられます。
大人になってから、1本に100時間もかけてられなくなったので、これくらいのボリュームがちょうどいいです。
最後までクリアすると、チャプターセレクトができるようになるので、好きなチャプターに戻ってプレイできます。
ありがたい仕様です。

まとめ

PS4の名作ゲーム、ニーアオートマタをプレイしました。
美男美女勢揃いの、なかなか目の保養になるゲームでした。
物語自体も、重たくて、胸に刺さるものでした。